痛くない脱毛ナビ - 人気のエステ・美容マシンとは?TOP >痛くない方法について > 痛い脱毛とは?

痛い脱毛とは?

 

痛くない脱毛について調べていると、反対に痛い脱毛が気になってきますよね。

 

そんな痛い脱毛方法と言えば、やっぱり代表はニードル脱毛でしょう。

現在は、永久脱毛と言えばレーザーが主流ですが、ちょっと前まではニードル脱毛がほとんどだったんですよ。

 

私はひざ下のむだ毛が気になって、はじめはニードル脱毛にチャレンジしました。

 

しかし、あまりの痛さに我慢ができなくなり、わずか2回通っただけでストップしたという過去があります。

 

この時に比べると、痛くない脱毛のレーザーはまるで天国みたいですね。

 

よって、痛くない脱毛を行いたい方には、決してニードル脱毛はおすすめできません。

 

名前からも分かるように、肌に金属針を刺して行う方法になります。

 

もともとは眼科医が逆さまつげ対策に使った治療でしたが、その後むだ毛を処理する方法として世界に広まっていきました。

 

1980年代以降には、医療機関だけでなくエステティックサロンでも、美容目的で行われるようになったんですよ。

 

そんなニードル脱毛は、肌の黒い方でも可能だというメリットがあります。

 

肌のメラニンに反応してしまうレーザーは、色白の方でないと肌にダメージを残してしまうので、痛くない脱毛を行いたいと思っても、物理的にレーザーにチャレンジすることができませんでした。

 

しかし、ニードル脱毛であれば問題ありません。

 

ただし、痛みにどうしても耐えられないという時には、冷却や麻酔などで対策を練ることも可能になっているので、あなたもぜひ試してみてはいかがでしょうか。